クロムハーツ カスタム修理ブログ|クロムカスタマイズ.com » 修理例 Buy Premarin In The Uk Buy Singulair Online Cheap Do You Need A Prescription To Get Clomid Buy Alesse Online Without Prescription Buy Propecia Finasteride Australia

クロムハーツ(chrome hearts)にダイヤモンド、宝石をカスタムセッティング致します。クロムカスタマイズ.com

Facebook
Twitter
LINE
Instagram
ブログ
お問合わせ0120-106-777
クロムハーツ カスタム・修理ブログ

「修理例」に関する記事

16
3月 2020

ホワイトゴールド風に仕上がるロジウムメッキコーティング

クロムハーツのK18ホワイトゴールドは文字通り18金で作られていますが、18金といえばゴールドの含有率は全体の75%です。
黄金とも言われるゴールドを75%も含んでいるのに、何故あんなにも白銀色に仕上がっているのか不思議ではないでしょうか。

実はクロムハーツのK18ホワイトゴールドは表面のロジウムメッキコーティングが掛けられており、私たちが普段イメージするホワイトゴールドの白っぽい銀色はロジウムの色なのです。

▼クロムハーツ スクロールバンドリングK18ホワイトゴールド
再ロジウムメッキコーティング

当店に再ロジウムメッキコーティングのご依頼でお持ち込みいただいたスクロールバンドリング 18Kホワイトゴールドです。
ところどころ薄い金色に変色しているように見えますが、これはロジウムメッキコーティングが経年により薄れて剥がれてきてしまっており、地のゴールドの色が露出してきてしまっているのです。

先に申し上げた通り、18金はその75%がゴールドとなっています。
残りの25%は割金といい、ブランドによってその配合は変わってまいりますが、銀やパラジウムといった白い金属を混ぜ合わせてK18ホワイトゴールドは作られています。
25%の割金を混ぜるだけでは黄金色を完璧に白くすることは出来ず、薄く黄みを帯びたシャンパンゴールドがホワイトゴールドの実際の色となるのです。

かつてプラチナの需要が高まり価格が高騰した時に、代用品としてホワイトゴールドの人気が高まったという背景から、ホワイトゴールドには表面にロジウムメッキコーティングを掛けて白銀色に仕上げることが一般的となっています。
もちろんメッキコーティングなので永久的なものではなく、経年によりメッキが薄れてきてしまうことは避けられません。
しかし、再度ロジウムメッキコーティングを掛けることで新品のような美しさを取り戻すことが可能となります。

ロジウムメッキコーティングを掛け直したスクロールバンドリング K18ホワイトゴールドです。
しっかりと洗浄して表面を軽く研磨してからメッキ加工を行うので細かな小傷も消え、これぞホワイトゴールドといった風格のある仕上がりとなりました。

ロジウムメッキコーティングを掛けられるのはK18に限らず、シルバーアクセサリーにメッキ加工を行うことで同様の仕上がりが見込めます。

▼クロムハーツ ダガーリング
ロジウムメッキコーティング

加工前は変色の目立っていたシルバーですが、メッキ加工後はK18ホワイトゴールドとまったく見分けがつかない程の仕上がりです。
同じ銀色とはいえシルバーとはまた違った質感と色合いで、実物を手に取るとかなり雰囲気が変わったことを実感していだけると思います。

ちなみに、シルバーの変色防止目的でロジウムメッキコーティングをかけているアクセサリーも中にはございますが、クロムハーツなど燻し入りシルバーアクセサリーブランドの場合、ロジウムメッキの表面には燻しが乗らない為、そういった目的でのロジウムメッキコーティングはおすすめしておりません。
お手入れの方法もシルバーとメッキ品では変わってまいりますので、ご注意くださいませ。

メッキコーティングについてのお見積りやご相談はいつでも無料で承っております。
ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
業界一安心なクロムハーツカスタム&修理をご提供します。
見積もり無料!無料宅配キットで送料も無料です!

お見積りのご依頼はこちら

宅配キットのご依頼はこちら

アフターダイヤ、ルビー、サファイア、ブラックダイヤ、エメラルドの他にも様々な宝石をお取り扱いしております。
石留めカスタムの他、修理やサイズ直し様々な加工も受け付けております。
お問い合わせ・ご依頼お待ち致しております♪

カスタム・修理の加工事例一覧はこちらからご覧になれます。

facebookページはこちら  いいね!お願い致します(^ε^)
Instagramはこちら フォローお願い致します(^ε^)

クロムカスタマイズ.com 公式LINE@アカウントもございます。
友だち追加して最新情報GETや、お気軽にお問合わせもしていただけます。

友だち追加数

お見積もり、宅配キットのご依頼もLINE@で対応致します。

26
2月 2020

クロムハーツ 部分メッキ(差しメッキ)加工

クロムハーツでも様々なデザインでラインナップされているシルバー×ゴールドのコンビモデル。
対照的な色合いの金属を組み合わせ、シルバーとゴールドのそれぞれ異なる魅力を同時に味わえる贅沢なデザインが魅力的です。
今回はそんなコンビモデルを手軽に再現できる部分メッキ(差しメッキ)加工をご案内致します。

▼クロムハーツ メイプルソープクロスペンダント
×パーツのみ22Kゴールドメッキコーティング

メイプルソープクロスペンダントには中心の×マークのみ22Kゴールドで製作されたモデルがあり、そのコンビモデルをメッキコーティングで忠実に再現致しました。
表面はもちろんパーツの境目ギリギリで丁寧にマスキングし、裏面もしっかりと差しメッキを施して細部まで手を抜かずに仕上げています。
メイプルソープクロスペンダントのコンビモデルは中古市場でも高額で取引されているお品物ですが、当店では料金15,000円(税別)と大変リーズナブルな価格で部分メッキ(差しメッキ)加工を承ります。
お手持ちのアイテムに一味違うアクセントを加えたい時におすすめの加工です。

 

▼クロムハーツ エンジェルメダルチャーム
中央部分のみ22Kゴールドメッキコーティング

こちらはエンジェルメダルチャームのシルバー×ゴールド コンビモデルを再現した事例です。
クロムハーツ純正品は中心のレリーフ部分が丸ごと22Kゴールドで作られており、裏面も中心部分はゴールドとなっていますが、こちらの事例では表面のみ差しメッキ加工を行って料金を抑えて仕上げています。
メッキ加工はよく擦れる箇所から薄くなっていきますので、肌と擦れやすく滅多に人目に触れない裏面に加工を行わずに済ませるのも賢い選択のひとつといえますね。
もちろん細部まで拘りぬいて、裏面まできちんと純正コンビモデルを再現したい!といった方のご要望にもお応え致しますので、ご自身のスタンスに合わせてご検討いただけますと幸いです。

 

使い慣れたアクセサリーにアクセントを加えられる部分メッキ(差しメッキ)加工は当店でもたびたびご依頼をいただきますが、部分メッキ(差しメッキ)加工を行ったお品物はお手入れ時に注意が必要です。
薄い金属の皮膜を被せている状態なので、研磨剤を含んだクロスで強く磨いてしまうとメッキが剥がれてしまう危険性がございます。
とはいえ、あまり神経質にはならずに、普段はセーム革などの柔らかい布で拭く程度に留め、たまにシルバー部分をクロスでしっかり磨いていただければ十分長持ちさせることが可能です。
当店ではお客様のご要望に合わせて様々な加工を柔軟に承りますので、ご興味がございましたらいつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
業界一安心なクロムハーツカスタム&修理をご提供します。
見積もり無料!無料宅配キットで送料も無料です!

お見積りのご依頼はこちら

宅配キットのご依頼はこちら

アフターダイヤ、ルビー、サファイア、ブラックダイヤ、エメラルドの他にも様々な宝石をお取り扱いしております。
石留めカスタムの他、修理やサイズ直し様々な加工も受け付けております。
お問い合わせ・ご依頼お待ち致しております♪

カスタム・修理の加工事例一覧はこちらからご覧になれます。

facebookページはこちら  いいね!お願い致します(^ε^)
Instagramはこちら フォローお願い致します(^ε^)

クロムカスタマイズ.com 公式LINE@アカウントもございます。
友だち追加して最新情報GETや、お気軽にお問合わせもしていただけます。

友だち追加数

お見積もり、宅配キットのご依頼もLINE@で対応致します。